車を手放す時は下取り査定をする

長く乗り続けてきた車を手放す時はいくつかの方法があります。ひとつは新たに購入するディーラーで買い取ってもらい新しく買う車の資金の足しにする方法です。

この場合は以前から買い続けているなど付き合いが長ければ比較的値引きと掛け合わせて有利な条件で買い取ってもらえる可能性があります。

しかし初めて利用するディーラーといったようにこれまで付き合いがない場合などはあまり有利な条件で買い取ってもらえない場合がほとんどです。もうひとつは中古車を販売する業者に売る方法があります。まだ状態がよく、十分に問題なく乗ることができれば買い取ってもらえます。また人気のある売れ筋であればいい条件を引き出すことも可能です。

しかし、走行距離がかなりいっていたり、走行する時の状態が良くない場合、さらには傷や汚れがあったりすると、かなり悪い条件でしか買い取ってもらえません。またその時々の人気、不人気の具合でも買い取り額が大きく変わるのが中古車販売業者での査定の特徴です。他にも自分の身近な知人に直接売ることもできます。

しかし何かと名義変更をする必要があったり、あとで不具合があると気まずい思いをしたりするなどの心配もあります。最近車を売るには下取り業者に査定を依頼して買い取ってもらう方法が注目されています。街道沿いなどには大手の下取り専門業者が軒を連ねて目にします。

下取り専門業者は買い取った車を中古車として販売したり、たとえ古くても部品にばらして部品として売るなどしており、他の下取り方法と比べても査定の条件がよく出る場合が多いと言えます。

中古車をネットオークションで高く売りたいなら知識を持つことが大事

昨今はインターネットの普及もあり、中古車を売る際には、ディーラーに下取りに出す、中古車買取業者に買取を依頼するという従来通りの方法のほかに、ネットオークションで個人売買をするという方法もメジャーになってきました。

ネットオークションで個人売買をするメリットは、自分の思う金額で売ることが出来るので下取りや買取に出すよりも高く売れる可能性があるということです。

しかし、中古車をネットオークションで高く売りたいのであれば、ただ自分の希望金額を押し付けるだけでは難しいといえます。

なぜなら、車には相場という物があるからです。

今は買う側もインターネットを活用して相場を調べられる時代ですので、こちらが自分の希望金額をつけて出品した車が相場よりも高すぎた場合は入札してはくれないでしょう。

そもそも自分の車の価値を分かっていないと、本当に高く売れたのか、損をしたのではないかという判断もつきませんので、ただ希望金額をつけるのではなく売却する車の知識をしっかり持つことが高く売るためには重要です。

またもう一つ、ネットオークションで中古車を売る際に必要な知識として、落札後にしなければいけない諸々の手続きがあります。

中古車のネットオークションはお金を受け取ったらそれで終わりではなく、法律的に落札者に車を引き渡すまでが取引ですので、知識がないと思わぬトラブルを招く可能性があります。

このようなことから、中古車をネットオークションで高く売りたい時には、車に対しての知識と車を売却する際に必要な知識を持つことが重要なのです。

車種名で検索、レビューを読む

話題の新車が登場すると、雑誌やネット上で話題になります。車種名で検索すれば、すぐに目的の新車について紹介しているページを見つけることができるでしょう。

発売前であっても、一足早くモータージャーナリストが試乗したレビュー記事を見ることができます。これはとても参考になりますね。ただ、一人のモータージャーナリストのレビュー記事だけを鵜呑みにするのではなく、複数のモータージャーナリストが書いたレビュー記事から総合的にクルマを判断する必要があります。

また、プロのモータージャーナリストが書くレビュー記事は、専門的すぎることもあるので、一般も人たちが書いたレビュー記事も参考にすると良いでしょう。プロとはまた違った目線でクルマを解説しているので逆にわかりやすいことも少なくありません。車種名+口コミ、レビューなどのキーワードで検索すると良いでしょう。

それと合わせて、メーカーのホームぺージを読むとよりわかりやすくなります。ホームページでは良いことしか書いてありませんが、その良い点を実際に乗った人がどうのように感じたのがわかることでしょう。

もちろん、最後は自分で見て、触れて、試乗する必要があります。他人の感じることと、自分が感じることが違うことも多いです。