車を手放す時は下取り査定をする

長く乗り続けてきた車を手放す時はいくつかの方法があります。ひとつは新たに購入するディーラーで買い取ってもらい新しく買う車の資金の足しにする方法です。

この場合は以前から買い続けているなど付き合いが長ければ比較的値引きと掛け合わせて有利な条件で買い取ってもらえる可能性があります。

しかし初めて利用するディーラーといったようにこれまで付き合いがない場合などはあまり有利な条件で買い取ってもらえない場合がほとんどです。もうひとつは中古車を販売する業者に売る方法があります。まだ状態がよく、十分に問題なく乗ることができれば買い取ってもらえます。また人気のある売れ筋であればいい条件を引き出すことも可能です。

しかし、走行距離がかなりいっていたり、走行する時の状態が良くない場合、さらには傷や汚れがあったりすると、かなり悪い条件でしか買い取ってもらえません。またその時々の人気、不人気の具合でも買い取り額が大きく変わるのが中古車販売業者での査定の特徴です。他にも自分の身近な知人に直接売ることもできます。

しかし何かと名義変更をする必要があったり、あとで不具合があると気まずい思いをしたりするなどの心配もあります。最近車を売るには下取り業者に査定を依頼して買い取ってもらう方法が注目されています。街道沿いなどには大手の下取り専門業者が軒を連ねて目にします。

下取り専門業者は買い取った車を中古車として販売したり、たとえ古くても部品にばらして部品として売るなどしており、他の下取り方法と比べても査定の条件がよく出る場合が多いと言えます。